お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

しょうばら里山スタイル

まえだ農園 代表 前田 賢治さん

まえだ農園 代表前田 賢治まえだ けんじさん

見渡す限り広がる田園風景の中に、太陽の光でキラキラと輝く7棟のビニールハウス。庄原市の北部、高野町在住の前田さんが脱サラして始めたトマト農場だ。

会社員時代、三次市への転勤を機に、結婚して間もなかった妻の智永さんと広島市内から高野町へUターン。忙しい毎日に追われながらも地元で農家を営む同級生たちと集う時間を持ち、そこで聞く「ものづくり=農業」の話題は前田さんの農業への想いを強くするばかり。休日を利用して農業研修に参加するなど下準備を進め、2014年3月末で19年間勤めた会社を退社。翌日の4月1日から農家としての一歩を踏み出した。

「人生は一回きり、自分が思った道を進もうと。何よりも農業にふさわしい恵まれた環境が目の前にありました。幸いにも国や市の補助金を受けられたことも追い風に。市役所や農協をはじめ、地元の人たちの協力もあり、とても心強かったです」と前田さん。

そんな夫妻のもとには愛する子どもたちが3人。「『これ食べられるんよ』と山野草を採ってきたり、自然の中を走り回ったりしている姿を見ると、庄原市で子育てをして良かったなと思います。地域の子どもを町のみんなで見守る昔ながらの温かさがあるんですよね」と智永さんも田舎暮らしを満喫中。日々新しい発見を持ち帰る子どもたちの側にいつもいられる環境こそが、前田家のしあわせ。暮らしの中に仕事があり、教育がある。家族との暮らしを重視するかけがえのない時間が今日も前田家には流れている。

前田 賢治さん

前田 賢治さんとご家族

里山スタイリスト一覧へ戻る