お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

しょうばら里山スタイル

会社員 松本 晋太さんご一家

会社員松本 晋太まつもと しんたさん

「車で移住先を探している時に、ここだ!と思ったのが庄原でした」と庄原市の西部、三次市との境に位置する口和町で暮らす松本さん一家。庄原市に親族がいるわけでもなければ、転勤でこの地を訪れたわけでもない。

口和町に無縁だった松本さんがここで暮らすことになったきっかけ、それはまずこの風景を気に入ったこと。「長女が生まれたときは神奈川県に住んでいましたが、自分たちのことはできるだけ自分たちでする、そんな【地に足の着いた暮らし】をしたいと考えていました。

それが可能な田舎暮らしをするため、千葉県の外房へ移住をしました」。そこで松本さんが経験したのは東日本大震災。「また起こるかもしれない地震への不安を抱えながら、その一方で東北へボランティアに通ううちに〝ふるさと〞を意識するようになり、出身地である広島県への移住を考えるようになりました」と松本さん。

そこで次に暮らす場所を自らの目で見て探そうと、休日を利用して広島県内をドライブ。その際訪れた庄原市の雄大な山と広い空に囲まれた風景は、夫妻が思い描く景色そのものだった。

移住を決意した後は、千葉県に住みながらインターネットで再就職先を探し、見事採用。移住後も会社員として働いている。

「家探しなどを親身になって協力してくださった口和町の人たちの優しさに触れるなかで、風景だけでなく人の温かさを含めて口和という地域に魅かれ、この地域の一員になりたいと思いました。今度は僕たちが移住のお手伝いをしてこの町に恩返しをしたいです」。

自分で見つけた住みかで子どもたちに囲まれてイキイキと里山暮らしを送っている。

松本 晋太さんご一家

松本 晋太さんご一家

里山スタイリスト一覧へ戻る