お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されません。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

しょうばら里山スタイル

P-SPACE 代表 中村 遊さん

P-SPACE 代表中村 遊なかむら ゆうさん

『日本全国どこにいても、仕事はできる』。近年、注目を集めるワークスタイル。「どこで」ではなく「何を」するかに重点を置き、ふさわしい場所で仕事をしようという流れがある。

約15年前にこの考えに辿り着き、庄原市でソフトウェア開発をスタートさせ、日本全国に発信しているシステムエンジニアがこの町にも。中村さんは、福岡県の大学院を卒業後、東京の大手IT関連企業に就職。成し遂げたい仕事、やりがいのある仕事を追求する中で独立を考えるようになり、庄原市へUターン。「この仕事ならインターネットさえあれば、どこでもできる。当時、地元の庄原市は東京と比べるとIT関連の設備は2〜3年遅れていて。だけど、その一方で高齢化社会の最先端を走っている。この状況をチャンスだと思ったんです」。

独立してからは、地域の人々にパソコンに馴染みを持ってもらおうとパソコン教室を開設。教室以外に、地元高校の臨時講師をしながら、牛の競りを分析するソフトや学校の成績表を管理するソフトなど地域に密着したソフトの開発に携わってきた中村さん。現在は、日本各地の教育委員会から依頼を受けて構築するソフトウェアの開発と運営を行っている。

仕事場は実家の敷地内に構えた個人事務所。デスクの横には愛犬のジョアが寝そべり、どんな時でも温かく見守ってくれる両親の姿もすぐそばに。そんな、幼い頃当たり前だった光景も、一度都会に出たことでとても愛おしく思える光景になっているのだ。

中村 遊さん

中村 遊さんとご両親

P-SPACE ホームページ:http://www.p-space.jp/

里山スタイリスト一覧へ戻る